交通事故の被害にあった際の慰謝料

交通事故で被害にあった場合、加害者に慰謝料を請求することができます。

交通事故の慰謝料は大きく分けて三つ。入通院慰謝料後遺障害慰謝料死亡慰謝料です。

被害者が請求できる3つの慰謝料についてご説明します。

目次

慰謝料とは?

慰謝料とは、交通事故によって、精神的・肉体的な苦痛を受けたことに対する補償のことです。交通事故の被害にあった場合、入通院慰謝料と後遺障害慰謝料、死亡慰謝料があります。

慰謝料の金額は、怪我の状況や後遺症の重さなど、それぞれの状況によって異なりますが、ベースとなる算出方法は決まっていて、自賠責保険基準任意保険基準裁判所・弁護士会基準の三つの基準から算出されます。それぞれ金額が異なり、裁判所・弁護士会基準が一番高額になり、自賠責保険が一番安くなります

加害者側の保険会社は任意保険基準以下の基準で算出してくることが多いので、交渉によって裁判所・弁護士会基準の額まで引き上げることができるかどうかが慰謝料請求のポイントになってきます。

裁判所・弁護士会基準は、「交通事故損害額算定基準(通称:青い本)」や、「民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準(通称:赤い本)」に記載された基準を参考に算出されているといわれています。

慰謝料が認められるのは人身事故だけ

交通事故の慰謝料は人身事故にのみ認められます。物損事故は認められません。例え愛着のある車が破損したとしても慰謝料の請求は出来ません。

慰謝料と損害賠償金、示談金の違いは?

交通事故の被害者が加害者に請求できる補償の全部まとめて損害賠償金、または示談金といいます。

慰謝料は、損害賠償金・示談金の中に含まれる一つの項目です。損害賠償金・示談金には、慰謝料以外に、怪我の治療費や、休業補償、逸失利益などが含まれます。

交通事故の損害賠償

入通院慰謝料とは?

交通事故で怪我をしたことで精神的・肉体的な苦痛を受けたことに対する補償として、請求できる慰謝料です。傷害慰謝料ともいいます。

事故発生からまでに対して支払われます。

入通院慰謝料の計算方法

自賠責保険基準
  1. 4,200円/1日 × 実治療日数 × 2
  2. 4,200円/1日 × 総治療日数

実治療日数 × 2が総治療日数を上回る場合は、2番の計算方法を採用。

自賠責保険基準の入通院慰謝料の限度額は、他の賠償金を含めても最大120万円。

任意保険基準

保険会社ごとに異なる。

裁判所・弁護士会基準

民事交通事故訴訟の損害賠償額算定基準より。

単位(万)
上段:原則
下段:むち打ちで他覚症状がない場合
入院1ヶ月2ヶ月3ヶ月
通院53
35
101
66
145
92
1ヶ月28
19
77
52
122
83
162
106
2ヶ月52
36
98
69
139
97
177
118
3ヶ月73
53
115
83
154
109
188
128

後遺障害慰謝料とは?

交通事故によって後遺障害が残ってしまったことで受ける精神的・肉体的な苦痛に対する補償として請求できる慰謝料です。

後遺障害の等級によって慰謝料の金額が変わります。入通院慰謝料と同じく、自賠責保険基準、任意保険基準、裁判所・弁護士会基準の三つの基準から算出します。

後遺障害慰謝料の計算方法

自賠責保険基準

自賠法施行令別表第1、及び自賠法施行令別表第2より。

等級自賠責保険基準
第1級1,100万円
要介護の場合:1,600万円
第2級958万円
要介護の場合:1,163万円
第3級829万円
第4級712万円
第5級599万円
第6級498万円
第7級409万円
第8級324万円
第9級245万円
第10級187万円
第11級135万円
第12級93万円
第13級57万円
第14級32万円
任意保険基準

保険会社ごとに異なる。

裁判所・弁護士会基準

民事交通事故訴訟の損害賠償額算定基準より。

等級裁判所・弁護士会基準
第1級2,800万円
第2級2,370万円
第3級1,990万円
第4級1,670万円
第5級1,400万円
第6級1,180万円
第7級1,000万円
第8級830万円
第9級690万円
第10級550万円
第11級420万円
第12級290万円
第13級180万円
第14級110万円
後遺障害が残ったら両方請求可能

怪我が完治し、後遺障害が残らなかった場合請求可能なのは入通院慰謝料だけですが、後遺障害が残った場合は、入通院慰謝料と後遺障害慰謝料、両方の慰謝料を請求することができます。

死亡慰謝料とは?

死亡慰謝料とは、交通事故の被害者が亡くなった場合、ご遺族の精神的苦痛に対する補償として請求できる慰謝料です。死亡慰謝料のみ、事故の被害者が請求するのではなく、被害者の遺族が請求することになります。

被害者本人分の慰謝料と、被害者の遺族分の慰謝料を請求することができます。

死亡慰謝料の計算方法

3,000万円までは自賠責保険から支払われ、それ以上は任意保険から支払われます。自賠責保険基準、任意保険基準、裁判所・弁護士会基準の三つの基準から算定します。

自賠責保険基準
  • 被害者本人の慰謝料:350万円
  • 遺族への慰謝料:550万(1名)、650万(2名)、750万(3名)、その他被扶養者がいる場合は200万円加算。
任意保険基準

自賠責保険の3,000万円を超える部分は任意保険が適用されます。金額は、各保険会社によって異なります。

加害者が任意保険に入ってなかった場合は、加害者自身の負担となります。

裁判所・弁護士会基準
被害者が一家の支柱の場合2,700万~3,100万円
被害者が一家の支柱に準ずる場合2,400万~2,700万円
その他2,000万~2,500万円