交通事故被害者のための強い弁護士の選び方

交通事故の被害者になったら、加害者側に損害賠償を請求することになります。被害に見合った適切な損害賠償額を得られるかどうかは、請求の仕方、交渉の仕方で大きく変わってきます。

基本的には加害者側の保険会社と交渉することになりますが、保険会社は交渉のプロです。自分達の利益最優先なので、なるべく損害賠償額を下げようとしてきます。それに対抗できる知識を持って交渉しなければ、もらえるはずの金額を受け取ることができないということになりかねません。

そこで最近では、同じく交渉のプロである弁護士に依頼して損害賠償請求してもらう人が増えています。実際そうした方が、最初に提示された何倍もの損害賠償額を得ることが多いからです。

交通事故で損しないためにも、失敗しない弁護士の選び方をご紹介します。

目次

弁護士に相談するメリットとデメリット

交通事故の損害賠償請求は自分で行うことができます。訴訟になった場合は弁護士への依頼が必要になってきますが、ほとんどの場合示談で終わるので、弁護士を入れなくても自分自身で交渉することができます。特に軽症で軽い事故の場合に弁護士を入れる人はあまりいませんでした。

でも、それで本当に適正価格の損害賠償金を得ることはできていたのでしょうか?

上述したように、加害者側の保険会社は会社の利益優先で、口では被害者に同情的なことを言っていたとしても、基本的には損害賠償額を減額する方向で交渉してきます。交通事故の損害賠償請求は色々と複雑なので、何となくでやり取りすると、もらえるであろう金額よりも少ない金額になってしまうことでしょう。

実際に弁護士を入れて交渉したら、最初に提示された額よりも増額したというパターンが多いです。中には数倍以上になった人も存在します。

弁護士に依頼するという聞くとお金がかかるイメージをお持ちの方も多いですが、実際は持ち出しナシで依頼することも可能で、それ以外にデメリットはほとんどなく、それ以上にメリットが多いんです。

弁護士に相談した場合のメリット・デメリットをわかりやすくご紹介します。

メリット

面倒な交渉ごとをすべて任せることができる

このメリットは非常に大きいです。事故直後のバタバタしている状況の中、普段まったく関わりのない事故の損害賠償について、その道のプロと交渉しなければいけないというのは、なかなかの重労働です。怪我の状況によってはそれどころではありません。

専門家にお任せすることで、あのときこうしておけばよかったという後悔もなくなります。結果として損害賠償請求額に大きく影響する場合もあります。

保険会社提示額よりも多い賠償金額を得ることができる

損害賠償は幾つかの項目に分かれていますが、金額の目安となる基準が決まっています。基準には、「自賠責保険基準」、「任意保険基準」、「裁判所・弁護士会基準」の三つの基準があり、「自賠責保険基準」が最も低額で、「裁判所・弁護士会基準」が最も高額となっています。

保険会社は「任意保険基準」以下で提示してくることが多いので、そのまま受け入れていたら賠償額が低くなる可能性があります。弁護士は最も高額な「裁判所・弁護士会基準」で交渉してくれるので、より多くの損害賠償金を得ることができます。

各弁護士が公表している実例を見ても、倍、もしくは3倍近く賠償金を増額できる場合があります。

弁護士ってだけで交渉がスムーズに進む

損害賠償のやり取りをするのは加害者側の保険会社です。その道のプロです。基本的には損害賠償額を減額させる方向で動いてきます。交通事故の損害賠償請求は非常に複雑でややこしいので、言いくるめられてしまう可能性もあります。

しかし、弁護士が交渉役になるだけで誤魔化しはきかないと判断してもらえるので、自分だけで交渉するよりもスムーズに進む可能性があります。

弁護士登場だけで交渉する前の段階から、保険会社の対応が変わることはよくあることです。保険会社も弁護士が出てきた時点で、最高額で交渉されることがわかっているので、むやみに争うことはせず、基準を変更するケースが多いです。

適切な後遺障害等級認定を受けることができる

後遺障害が残った場合、後遺障害の等級認定を受ける申請をしなければいけません。被害者申請という形で自分で申請できますが、弁護士にお願いすることができます。

適切な等級認定を受けることは、賠償金の額にも影響が出てくるので非常に大切ですが、認定を受けるためには確実に認定されるための資料が必要不可欠です。弁護士にお願いすることでしっかりチェックした書類で申請することができ、より確実に等級認定を受けることができるというわけです。

もし認定されなかったり、希望の等級じゃなかった場合は、異議申立てを行う必要があります。一度出た結果を覆すには、より詳細な資料の提出などが必要になってくるのでかなりの手間です。そうならないためにも最初から認定を受けるためのアドバイスを弁護士から受けたほうがいいでしょう。

デメリット

弁護士費用がかかる

弁護士に依頼するデメリットははっきり言ってこれだけ。弁護士費用の部分だけです。

成功報酬の額がいまいちよくわからず、最終的に幾らかかるのか不明瞭という弁護士も過去には多かったですが、最近ではほとんどの弁護士が最初に大体の報酬額の見積もりを出してくれます。

また、ほとんどの弁護士が着手金0円の完全成果報酬型の支払いシステムを採用しています。弁護士費用は損害賠償金の中から支払うことができるので、自分で持ち出すお金が不要な場合が多くなっており、弁護士に依頼するハードルは年々下がっています。

弁護士費用がかかったとしても、弁護士に依頼することで損害賠償額が増額されれば、結果として弁護士に依頼した方がお得になるというパターンが多いようです。

また、交渉がこじれて訴訟までいった場合は、損害賠償額の1割程度を弁護士費用相当額として加害者側に請求することができます。

こんな弁護士を選べ!交通事故被害者が弁護士を選ぶ際のポイント

交通事故案件の実績が豊富な弁護士

交通事故に関する知識が豊富じゃなければ保険会社との交渉に太刀打ちできません。弁護士の中には得意不得意なジャンルがあるので、交通事故に強い弁護士を選ぶようにしましょう。

交通事故案件の実績が豊富であれば、過去の判例なども熟知しており、このパターンのときはどれくらいの損害賠償額が妥当など、状況に応じた的確な判断ができるようになります。また、保険会社との交渉の経験値も増えていくので、交渉スキルも高くなります。

交通事故案件に対する知識と交渉スキル。この2つが揃っている弁護士にお願いするようにしましょう。

弁護士に頼むのはどのタイミング?

事故直後に弁護士に依頼するという冷静な判断ができる人は中々いません。前もって交通事故の損害賠償請求は弁護士に依頼した方が良いという知識がある人であれば、すぐに弁護士に依頼という選択をできるかもしれませんが、大体の人は以下のようなタイミングで依頼するようです。

  • 示談交渉の段階。
  • 損害賠償額に納得がいかず示談交渉が決裂したとき。
  • 後遺障害等級認定の申請前
  • 後遺障害等級認定が認定されなかったとき。
  • 示談した後にやっぱり納得がいかないと思ったとき。

もちろん、上記のようなタイミングで依頼しても、弁護士さんは対応してくれますが、最高の結果がもたらされるかどうかはその前までの状況や交渉内容によっても変わってきます。最も良い結果をもたらすタイミングはやっぱり事故直後、治療の段階から弁護士に入ってもらうことです。

早い段階で依頼することで、交通事故の損害賠償請求の全容を聞くことができますし、治療や後遺障害、示談金のことなどの見通しも立てやすくなります。

仮に後遺障害が残った場合、希望の等級で認定されるためには、前もって適切な治療や検査を受けている必要が出てきます。最初から弁護士に依頼しておけば、前もって先のことを見据えた対応ができるというわけです。

行政書士でもいいの?

交通事故の損害賠償請求に関するサポートは行政書士から受けることも可能です。しかし、行政書士は書類の代筆を行うことが専門の職業で、示談交渉はできません。

法的に交渉が認められているのは弁護士だけです。

弁護士費用特約の加入で弁護士費用が無料

自動車保険や火災保険といった任意保険の中には、弁護士に依頼する際の弁護士費用を支払ってもらえる「弁護士費用特約」というオプションがついているものがあります。

交通事故の被害者が弁護士費用特約に加入していれば、特約の条件に応じて弁護士費用の支払いを受けることができます。

内容は保険ごとに異なりますが、多くの場合、300万円以下の弁護士費用を保険会社が支払ってくれる内容となっています。

一部の大きな死亡事故や、重大な事故でない限り、一般的な傷害事故で弁護士費用が300万円を超えることはないので、弁護士費用特約に入っていれば、弁護士費用はすべて無料になると考えて問題ないでしょう。

自身が加入していなくても家族が加入していれば利用できます

弁護士費用特約は当事者が加入していなくても、

  • 同居の6親等以内の血族(同居の両親、祖父母など)
  • 同居の3親等以内の姻族(配偶者の血族)
  • 独身の場合は別居していても両親のどちらか

が加入していれば利用可能な場合が多いので、加入していなかったとあきらめることなく、確認してみましょう。

弁護士費用特約のデメリットは?

弁護士費用特約を利用することで、以後の保険料が高くなったりするデメリットが生じるんじゃないか?という人がいますけど、弁護士費用特約にはそういったデメリットが一切ないんです。

保険料が値上がりしたり、保険の等級が下がったりすることは一切ないので安心してご利用ください。

なるべく早い段階で、交通事故案件の実績が豊富な弁護士に依頼すること!

結局自分で交渉するよりも倍、もしくは3倍の賠償金を得ることができる可能性があるので、弁護士に依頼した方がメリットが大きいです。

弁護士を選ぶ際のポイントは一つ!

交通事故案件の実績が豊富な弁護士!

最初から依頼した方がこれからの状況を把握した上での動きができるのであとあと良かったということになるでしょう。

まずは無料相談だけでもしてみることをおすすめします。