弁護士費用特約があれば弁護士費用が0円になる可能性があります

弁護士費用特約イメージ画像

弁護士費用特約とは、交通事故による賠償請求を行う際に発生する弁護士費用を保険会社が負担してくれる制度です。

自動車保険や火災保険などのオプションとして設けられています。

最大300万円まで保険会社が弁護士費用を負担してくれます。弁護士費用が300万円を超えることは、一部の重大な事故以外滅多にないので、ほとんどの場合実質無料で弁護士に依頼することができます。

弁護士費用特約について、詳しくご紹介します。

目次

弁護士費用特約とは?

弁護士費用特約とは、交通事故による賠償請求を行う際に発生する弁護士費用を保険会社が負担してくれる保険プランです。

弁護士費用特約にはどうやって加入するの?

自動車保険や火災保険のオプションプランとして設けられています。加入していない場合は、ご自身が加入している自動車保険や火災保険に弁護士費用特約のオプションがないかチェックしてみてください。

弁護士費用特約に入るのにお金はいくらくらいかかるの?

保険会社によって違いはありますが、大体年間1,500円程度のところが多いようです。

弁護士費用はいくらまで負担してくれるの?

弁護士費用特約では、最大300万円まで保険会社が弁護士費用を負担してくれます。弁護士費用が300万円を超えるケースは滅多にないのでほとんどの場合弁護士費用が無料になります。

基本的には弁護士費用は弁護士が直接保険会社に請求するので、依頼者側が支払ったりする手間がありません。

弁護士費用特約時は、報酬体系が異なるので注意!

弁護士費用特約を利用する場合としない場合では弁護士報酬の算出体系が異なります。

保険会社によって異なりますが、日弁連と協定を結んでいる「協定損保会社」に含まれる保険会社の場合は、日弁連リーガル・アクセス・センター(通称:LAC)が定めた「弁護士保険における弁護士費用の保険金支払基準(LAC基準)」に沿った報酬体系となります。

協定損保会社に属さない保険会社はLAC基準ではなく、保険会社が独自支払い基準を定めています。

弁護士はLAC基準を超える報酬契約をすることができますが、LAC基準を上回る弁護士費用は依頼者側負担になる場合がありますので、事前にLAC基準で対応してもらえるかを確認するようにしましょう。

経済的利益の額着手金額
125万円以下の場合100,000円
125万円を超え300万円以下の場合8%
300万円を超え3,000万円以下の場合5%+90,000円
3,000万円を超え3億円以下の場合3%+690,000円
3億円を超える場合2%+3,690,000円
経済的利益の額報酬金額
300万円以下の場合16%
300万円を超え3,000万円以下の場合10%+180,000円
3,000万円を超え3億円以下の場合6%+1,380,000円
3億円を超える場合4%+7,380,000円

弁護士費用特約はどんな事故にでも利用できるの?

自動車運転中の事故だけでなく、歩行中、自転車、バイクなどの運転中に巻き込まれた事故でも利用可能な場合があります。保険会社によって内容が異なるのでご自身が加入している保険会社に確認するようにしましょう。

家族の弁護士費用特約も利用できる

交通事故の当事者が弁護士費用特約に入っていなかったとしても、その家族が加入している弁護士費用特約を利用できるケースがあります。

家族なら誰でもいいわけではなく、以下の決まりがあります。

  • 同居の6親等以内の血族(同居の両親、祖父母など)
  • 同居の3親等以内の姻族(配偶者の血族)
  • 独身の場合は別居していても両親のどちらか

弁護士費用特約のメリットとデメリット

メリットは弁護士費用がほとんどの場合無料になること。交通事故の示談交渉は大変です。肉体的にも精神的にも、示談交渉の結果をみても弁護士にお任せするのが一番です。示談交渉を弁護士にお任せする際にネックとなるのは弁護士費用だけ。その弁護士費用をほぼ全額負担してもらえるので非常に助かる保険です。弁護士費用特約があれば、悩むことなく事故直後から弁護士に依頼することができるので本当に大きなメリットとなります。

デメリットは年間の保険料だけ。それ以外にデメリットはありません。

利用することで以後の保険料が値上がりしたり、保険の等級が下がったりすることは一切ないので安心してご利用ください。

弁護士費用特約の注意点

  • 訴訟となった場合は別途費用が必要です。
  • 重大な事故の場合、弁護士費用特約で負担される分を超える弁護士費用がかかる場合があります。
  • 保険会社によって支払い基準が異なるので確認しましょう。(協定損保会社でない場合)
  • 弁護士費用特約が利用できるかどうかを弁護士事務所に確認しましょう。利用できる場合、上限はいくらかというのも合わせて確認しておきましょう。