交通事故でむち打ち症になった場合の慰謝料

自動車の追突や衝突といった交通事故でむち打ち症になったという話をよく聞きますが、このむち打ち症とはどういった症状なのでしょうか?

むち打ち症とは、交通事故の衝撃によって、頚(くび)の部分に衝撃が加えられたことによって、頭が頚を損傷する怪我のことを指し、医師の診断では「頚椎捻挫(けいついねんざ)」と呼ばれます。

患部の痛みだけでなく、頭痛や吐き気、めまいなど症状が多岐に渡り、衝撃の度合いによっては長期に渡って改善しないことから、交通事故の慰謝料請求において、非常に難しい判断が必要とされます。

交通事故でむち打ち症になった場合に損しない慰謝料請求方法をご紹介します。

目次

交通事故でむち打ちになった場合

むち打ち症は、交通事故の衝撃によって、頚椎部分を捻挫することで発症します。頚椎というデリケートな部分なので、患部の痛みのみならず、頭痛や、腕や足のしびれ、吐き気、めまい、倦怠感、耳鳴り、疲労感といった多くの症状があらわれる特徴があります。

そして厄介なのが、本人は症状があっても、レントゲン検査や脳波検査などでは具体的な所見が認められない場合も多いということです。つまり交通事故のせいで痛みや症状があるのに、すでに完全していると保険会社から治療継続を打ち切られることがあるということです。

むち打ちはどれくらいで完治する?

比較的衝撃が軽い事故であれば、2~3ヶ月程度。長くても1年以内には改善する場合が多いですが、稀に1年以上通院しても改善しないケースがあります。

むち打ちに対する保険会社の対応

保険会社はなるべくお金(治療費)を安く抑えたいので、ある程度の期間が過ぎると治療費の打ち切りを通告してくることがあります。むち打ちの場合は、診断では問題がないと出ても、本人は症状に苦しんでいる場合があるので、何とか治療を継続したいところですが、保険会社は大体事故後半年くらいで治療の打ち切りを通告してくることが多いようです。

保険会社に治療の継続をお願いする方法

主治医と相談してまだ治療継続が必要だという診断書を書いてもらい、保険会社に治療継続の必要性を交渉するようにしましょう。

自覚症状としてどの部分がどのように痛いか、どういうタイミングでどのような症状が出るかなど、写真などを交えて具体的なレポートを作成するのもオススメです。

保険会社が治療継続してくれなかった場合

保険会社から治療継続の納得が得られない場合は自費で治療するしかないので、裁判や調停で治療費を請求する必要が出てきます。むち打ちが後遺障害認定されるかどうかによっても変わってきますので、弁護士に相談することをおすすめします。

むち打ち症は後遺障害認定されるの?

むち打ち症になり1年以上症状が続く場合、後遺障害認定される場合があります。ただし、通院期間が3~6ヶ月程度の場合は後遺障害認定されることは極めて稀です。

後遺障害認定されるとしてもほとんどの場合は第12級か第14級。かなり大きな事故で客観的な所見が認められるむち打ち症に限り第7級、第9級が認定されることもあります。

等級内容逸失利益期間
(任意保険基準)
第7級4号神経系統の機能、または精神に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの7~10年
第9級10号神経系統の機能、または精神に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に限定されるもの5~6年
第12級13号局部に頑固な神経症状を残すもの3~4年
第14級9号局部に神経症状を残すもの1~2年

後遺障害等級に応じた保険金額

むち打ちが後遺障害認定された場合、労災保険の「障害等級表」で等級に応じた保険金額が定められています。

この保険金額が最低補償額となります。

等級保険金額労働能力喪失率
第7級4号1,051万円56/100
第9級10号616万円35/100
第12級13号224万円14/100
第14級9号75万円5/100

むち打ち症の慰謝料の決め方

交通事故の慰謝料には傷害慰謝料と後遺障害慰謝料の2つが存在します。

傷害慰謝料

事故にあったことで受けた痛みや苦痛などを金銭的に評価して支払われるお金のことです。

後遺障害慰謝料

治療しても後遺障害が残ってしまった場合、それからの人生において後遺障害によって苦痛を受けることから、その苦痛の度合いによって認定された後遺障害等級に応じて支払われるお金のことです。

後遺障害慰謝料は認定された等級に応じて後遺障害慰謝料が支払われますが、傷害慰謝料の場合は「入通院慰謝料算定表」を用いて慰謝料額を算出することになります。

慰謝料額は基準が決まっています。「自賠責保険基準」、「任意保険会社基準」と「裁判所・弁護士基準」という3つの算定基準があり、「裁判所・弁護士基準額」が最も高額です。被害者側はなるべく「裁判所・弁護士基準」の慰謝料を得られるように交渉する必要があります。

入通院慰謝料算定表は、「裁判所・弁護士基準」に基づいて作成されたもので、「別表1」と「別表2」があります。通常は「別表1」を用いて算出しますが、むち打ち症のように症状を裏付けるような所見がないような症状の場合は「別表2」を用いて算出します。

入院1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月13月14月15月
通院-356692116135152165176186195204211218223228
1月195283106128145160171182190199206212219224229
2月366997118138153166177186194201207213220225230
3月5383109128146159172181190196202208214221226231
4月6795119136152165176185192197203209215222227232
5月79105127142158169180187193198204210216223228233
6月89113133148162173182188194199205211217224229-
7月97119139152166175183189195200206212218225--
8月103125143156168176184190196201207213219---
9月109129147158169177185191197202208214----
10月113133149159170178186192198203209-----
11月117135150160171179187193199204------
12月119136151161172180188194200-------
13月120137152162173181189195--------
14月121138153163174182190---------
15月122139154164175183----------

むち打ち症になった場合の示談金

加害者に請求する治療費や慰謝料など様々な費用が含まれたお金のことを示談金といいます。むち打ち症の場合は、上記入通院慰謝料算定表の別表2に基づいた計算方法で基準となる傷害慰謝料額を決定しますが、最終的には後遺障害認定されるかどうかによっても大きく示談金額が変わってきます。むち打ち症が後遺障害認定されるかどうかも大きなポイントといっていいでしょう。

加害者側の保険会社から示談金が提示された場合は、提示額が妥当がどうかの判断ができない場合は必ず弁護士に相談するようにしましょう。

示談金内訳
  • 治療費
  • 交通費など
  • 看護料
  • 入院雑費
  • 診断書作成費など
  • 休業損害
  • 傷害慰謝料
後遺障害認定された場合の示談金内訳
  • 治療費
  • 交通費など
  • 看護料
  • 入院雑費
  • 診断書作成費など
  • 休業損害
  • 傷害慰謝料
  • 後遺障害慰謝料
  • 逸失利益

むち打ち症で後遺障害認定を得るためにやるべきこと

1ヶ月以上の治療中断期間があると、残っている症状は後遺障害ではないという判断を下されることがあります。ほとんどの場合医師の指導に従っての治療なので自己判断は難しいところですが、後遺障害を申請するの場合は、症状が多少緩和したとしてもある程度はリハビリなどの治療を継続する必要があります。

この辺の判断に迷っている人は弁護士に相談して後々最良な方法を取るようにしましょう。

むち打ち症は後遺障害認定されるかどうかがカギ

むち打ち症はレントゲンやMRIなどの所見に出ずに、自覚症状だけが何年も続く特殊な症状です。基本的な積極損害は一般の負傷と同じですが、休業補償なども特殊は計算が採用されることが多いようです。

後遺障害等級表にはむち打ちという言葉はありませんが、所見に現れない症状の場合、12級13号、もしくは14級9号の各神経障害、または神経症状がむち打ち症に該当すると言われています。

後遺障害の認定を得られれば逸失利益も請求することが可能ですが、後遺症認定されるかどうかは、医師の診断書とそれまでの治療内容によって異なります。

申請に関して不安がある人は弁護士などの専門家にあらかじめ相談するようにしましょう。